「一戸建て」と「マンション」、
どっちが不動産投資にいいかというと、一般的には「マンション」でしょう。

もちろん、一戸建てにもマンションにも、メリットとデメリットがあります。

一戸建てのメリットは、中古であれば比較的安価で購入できることです。

それに、入居者が一度入ると結構長く住んでもらえますし、
一戸建てを借りたいという人も少なくありません。

そのため、空室になっても入居者が見つかりやすいのです。

とはいえ、なかなか入居者が見つからない場合には、
収入が0になってしまいます。

一戸建ての賃貸物件はそれなりに人気がありますが、
必ずしもすぐに入居者が見つかるとは限りません。

人が入らなければ、その間は収入が0のため、
リスクが高いといえます。

一方、マンションに投資するメリットは、
一棟投資であれば一戸建てと違って、
収入が0になることがほぼありません。

ただし、一棟投資の場合、
ある程度まとまったお金が必要となるのがデメリットです。

まとまったお金が必要な時は、まずは手持ちの不動産を売ることです。
その際は、不動産 無料査定サービスを利用すると良いでしょう。

そして、大事なことは、
不動産 買取 一括 査定のデメリットもしっかりと把握しておくことです。

区分マンション投資なら資金が少なくて済みますが、
一戸建て同様に、収入が0になってしまう恐れがあります。

このように、メリットとデメリットを考えると、
マンションの一棟投資がベストでしょう。

デザイナーズマンションの投資

「賃貸」のデザイナーズマンションは年々増えてきています。
もともとデザイナーズマンションは
どちらかといえばファミリーより単身者向けでしたから、
賃貸物件の増加もうなずけるでしょう。

オシャレな部屋でオシャレに暮らす、
というのは、子供や両親がいてはなかなか難しいですから。

賃貸のデザイナーズマンションを仕事場として使う人も多いようです。

クリエイターにとっては、
オシャレなデザイナーズマンションは
創作意欲を刺激してくれるものなのかもしれません。

賃貸のデザイナーズマンションというと、
家賃が高いというイメージですよね。

確かにそれはそうなのですが、
ひところほどの驚くような高値ではなくなりつつあります。

手頃な家賃でデザイナーズマンションライフを送るのなら
今がチャンスといってもいいでしょう。

住みやすさよりもオシャレさを優先している部分も多い
デザイナーズマンションですが、新しく作られる物件は、
比較的ソフト的な面では充実していることが多いようです。

例えばペット可。

ペット可どころか、ペットと暮らすことを前提とした
デザイナーズマンションも増えています。

室内にペット専用のドアやキャットウォークが設けられているのがポイント。

そしてやはり、それらもオシャレです。

また、賃貸だと初めからインターネットが使える
デザイナーズマンションが増えていますね。

いまやインターネットは生活に欠かせませんから、
これも自然の流れといえるでしょう。

ということは、今後デザイナーズマンションが投資物件として
注目を浴びるかもしれませんね。